株式会社 Well-being 

    経営理念

 

  「人材」が「人財」

                          「法人目的」

 

   〔訪問介護事業〕

   利用者一人ひとりの尊厳を重んじ、利用者本位の考え方に立って個人の多様なニーズに

   対応し、支援にあたってはサービスの質の向上に努め、あらゆる機会をとらえて利用者の

   自立を支援することを目的とする。

 

   〔居宅介護支援事業〕

   自立支援、生きがいの尊重、介護負担の軽減の視点を常に維持し、可能な限りの居宅介

   護支援を行う。利用者の意思および人権を尊重し、提供される居宅サービスが偏ることの

   ないよう、公平中立に事業を実施する。関係市町村、地域の保険・医療・福祉および他の

   居宅サービス事業所と綿密な連携をとり、地域の福祉向上につとめる。

  

   〔障がい福祉事業〕

   居宅支援が必要な障がい者(児)に対して、住民参加による助け合いの精神のもとに、あ

   らゆる支援・悩み・相談等に関する事業を行う。子供や高齢者および障がいを持つ人々誰

   もが地域で安心して健やかに暮らせる地域づくりと、あらゆる福祉の増進に寄与することを

   目的とする。

 

 

 

                     「事業方針」

 

 

  ニーズのつかむことのできる、高い専門性と豊かな人間性を兼ね備えたマンパワーの育成

 

         専門性の向上を目指した内外の研修機会の提供と、自己啓発の支援

           ○広い視野の獲得と、津用ネットワークの構築に向けた他組織との交流

                  ○モチベーションとチームワークを育む労働環境の整備と職場風土の醸成

 

 

   ニーズを満たすことのできる、質の高い支援と多様なサービスを提供するシステムの創造

 

         ○個々のニーズと特性を反映した一連の個別支援計画プロセスの実施

           ○より質の高い支援を提供するためのサービスの品質管理の実施

          ○多種多様なニーズに応える積極的な支援メニューと社会資源の創造

 

 

    ニーズに応える存在であり続けることのできる、自立した信頼性の高い組織の構築

 

                    ○公共性、透明性の高い事業経営の実施

                     ○安全、安心につながる危機管理体制の整備

                    ○地域との融合による信頼の獲得